さくらももこさん旅立ち 表に描いた人生から想像できない真実

帰宅してから悲しいニュースを知りました。

漫画家さくらももこさんが永眠されました。。

 

さくらももこさんの事は詳しく知らなかったのに

私は小学校時代いじめで転校ばかりでしたが

原作「ちびまる子ちゃん」に支えられていました。

最初に さくらももこさんへ御礼をいいたいです。

 

ほんとうにありがとうございました

 

今回いろんな事実が分かりさらにショック。

昭和のとっても仲の良い平和な「まるこ」

その絵から想像できない経歴があったからです。

それは普通にある人生かもしれないけれど

「ちびまる子ちゃん」からは想像が遠くなるような

そんな感じでした。

 

さくらももこさんの本名・顔写真・経歴は?

 

あまりに知らなさ過ぎたとおもいます。

この喪失感はなんだろう?

 

本名:三浦美紀(業界では非公表でした)

生年月日:1965年5月8日(53歳)

出身地:静岡県静岡市清水区

血液型:A型

身長:159㎝

病で闘病されていたなんて微塵も感じなかった

ブログ⇒さくらももこオフィシャルブログ

 

亡くなった病名は 乳がん だったそうです。

ちびまる子ちゃん見ていた方、さくらももこさんのファンは

皆がとても若すぎる旅立ちだといっています。

わたしは、さくらももこさん=まるこちゃんだという認識

そういう感じなので死が信じられません。

ほんとうに。

 

84年  『りぼんオリジナル』(集英社)で世間へデビューする

この時に、静岡英和女学院短大在学中だったそうです。

一度は就職されたそうです。

ですが勤務態度が良くなくて退職し、

漫画家目指して頑張っていたそうです。

その後

『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」連載開始される。

この頃からずっと私はまるこのファンです。。

(/ω\)

89年になり 「ちびまる子ちゃん」で講談社漫画賞少女部門受賞。
この年にさくらさんは

『りぼん』の編集者・宮永正隆と結婚。

90年 「ちびまる子ちゃん」がフジテレビ系でアニメ化。

アニメの主題歌「おどるポンポコリン」の作詞で日本レコード大賞受賞。

ぴーひゃら、ぴーひゃら 若い子が温泉で歌う姿を

よく見かけました(笑)

(*´з`)

 

都市伝説は9割が嘘っぱちだけれども

 

こんなお話も出回ったのですが

知ってる人いますか??

さくらももこさんの家族の都市伝説

姉さん

男に騙され借金肩代わり、

返済するも男性恐怖症で現在母の年金でヒキコモリ

お父さん

八百屋の雇われ店員を続けるも

まる子が中学生の時に多額の借金と女を作り駆け落ち。

数年後に北海道で凍死しているところを発見される。

お母さん

心労により統合失調症になる

お祖父ちゃん

まる子をとことん嫌っていた。

ボケたフリをして姉に性的虐待を行っていた。

まる子が小6の時死亡。

葬儀でまる子が「やったーお寿司だぁ~」と喜んだのは有名。

お祖母ちゃん

ヒロシの借金と駆け落ちに絶望し姉の部屋で首吊り。

 

後でこれは都市伝説の中でのお話だといわれました。

 

ほんとうの人生も波乱だった

 

89年に宮永正隆さんという方とご結婚されて

その9年後に離婚されていました。

離婚原因はいろいろあったそうです。

そのすべてが分かるわけないですが

女性関係が酷かったのと亭主関白だった

そんな生活に耐えられなくて別れたと

お話されたことがあるようですね。

 

その後再婚をされたとの情報もあります。

「うんのさしみ」さんという方で

イラストレーターだそうです。

 

まとめ

 

なんであんなに平和な家族が描けるのだろう。

そこには人並みの苦労とか経験があったからなのかも・・

まる子ちゃんはお祖父ちゃんと仲良かった。

リアルのまる子ちゃん(さくらももこさん)は

お祖父ちゃんと仲良くなりたいと思う気持ちがあったみたいですね。

いろいろとめどない思いは出てきますが

すこし原作を読みながら

さくらももこさんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です