キムボルム(25)ソンヨン批判会見で土下座号泣から逃亡へ

 

この韓国選手の試合後の記者会見には

ほんとうに驚きました。

どういう事かわからない方も

いるかもしれませんね。

逃亡の噂もあるこの韓国選手が気になります。

 

キムボルム選手のソンヨン批判とは?

 

オリンピックという大舞台の中でも

チームワーク命のパシュート競技。

(すべて競技が仲間と共にですが・・だってそうだよね)

このパシュートという競技の

素晴らしさを知っただけにほんとに残念。

キムボルム選手。

この彼女の言動にわたしも正直、

動揺してしまいましたよ。

いまだに理解できないのですが、

記事にさせて頂きますね。

 

下の写真が キムボルム選手です

2月19日の団体パシュートにて

仲間ソンヨン選手への置き去りと

その後の記者へのコメントにおいて

炎上している。

競技を見ていて不自然だなぁって

すぐに感じました・・

後列にいる選手が体調が良くないのか?

何かあるなぁと。

その後でのキムボルム選手への取材で

ガチ驚いた。

 

取材でのキムボルム選手の言葉

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「順調だったのに最後に(笑)」

「私たちとソンヨン選手との差が広がって残念な結果になりました」

 

この言葉と不敵な笑みを見て

韓国からも他の国からもいろんな言葉が

飛び交った。

彼女の若さゆえの不敵な笑みかも?

世間知らずゆえの問題だから?

それでもプロならば

人としての言動は年齢に関わらず考えること

できるだろう。

考えるでしょ?コーチの考えは?教えは?

どうなっているの・・・?

複雑ですね。

 

キムボルム選手のプロフィール

 

キム・ボルム

生年月日:1993年2月6日

出身:韓国の大邱広域市

出身大学:韓国体育大学

身長:163センチ

体重:57キロ

 

韓国では「スピードスケート界の妖精」

といわれている

今回の平昌オリンピックで女子マススタートで

「銀メダル」

ツイートする人数が圧倒的にアイドル並み。

今回の事がなければイメージは変わらなかった。

 

努力家のキムボルム選手だった

 

とても努力家だといわれていた。

1日の練習時間が8時間。

しかし厳しいかもしれませんが

スポーツ選手にも人間性って

たいせつな要素だとおもいます。

 

二度目のパシュートでの劣悪な態度

皆さんはどのように感じましたか・・?

わたしは1度目団体での競技は、

悲しいかな、

いじめ的な要素を感じました。

その批判から謝罪会見開いていますね。

2度目の試合での試合前の

あの空気はなんなのか?

選手同士

目を合わさなかったですし、

ソンヨン選手は

孤立されているのが感じられました。

 

ソンヨン選手の言葉で事実がみえる

 

遅れてゴールしたノ・ソンヨンが

ある記者からの質問にこう答えていた。

1月に「スポーツ朝鮮」の

インタビューに応じた際のコメント。

「昨年12月10日のW杯第4戦以降、

平昌オリンピックに出場するまで

団体パシュートの男女代表チームは

ただの一度も一緒に練習をしなかった」

この後での言葉に注目

「ひどい差別の中で練習に

きちんと集中できる状況ではなかった」

 

チョン・ミョンギュ、スケート連盟副会長の指導で

キムボルム選手を含む特定の選手だけが

泰陵選手村と違う韓国体育大学で

別に練習してきたということも判明した。

 

上に立つ者がこうだから、

このような選手に育ったのだ。

選手を道具としてしか使わない指導者。

 

日本の選手を見習って欲しいと改めて痛感します。

 

キムボルムの謝罪会見でのこと

こころのない謝罪が

平気でできるように教育されている

 

Q:韓国選手団の役員や両親がいて目が合ったから土下座

したのですか?

A:「両親も競技を見に来ていたし、

私が土下座をした理由は国民の皆様に

申し訳ないという思いが大きかったからです」

 

この選手だけのせいではなく、

教育の場におおいなる原因があるな。

と率直におもいますね。

人間的な要素を育てるには環境、

まわりの人間が大きな柱になる

その柱が曲がっていて天地無用では・・・

 

まじめにスポーツマンシップの上で

努力されている選手や親御さん

国に謝罪をして欲しいと言いたいところだが。

 

 

まとめ

キムボルムさんを責めてはいけない。

国に関しての根深い文化

(社会的背景)に問題がある。

スポーツの上で起こったことが悲しい。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です