マライア・キャリーが告白した双極性障害とは?

通勤の電車を待つときに

Yahoo!ニュースで見た!

 

精神的苦痛は皆がどこかで経験あることかもしれないですね・・

マライア・キャリー(48歳)が告白しました

長い間、双極性2型障害を患ってきた。

マライアと聞けばクリスマスの音楽が流れます。

 

heroも有名ですね~!

 

 

マライアキャリー・プロフ

 

生年月日:1970年3月27日(48歳)

出生地:アメリカ合衆国ハンティントン

配偶者:ニック・キャノン

職業:シンガーソングライター・

音楽プロデューサー・女優

(wikiより)

・18曲の全米No.1シングル(Billboard Hot 100)は

ビートルズに次いで歴代2位

・女性アーティストとしては1位であり、

ソロ歌手としてはエルヴィス・プレスリーと並ぶ歴代1位である。

全米TOP10シングル獲得数は27曲でアーティストとしては歴代5位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」

においては第79位にランクインしている。

 

マライアの音楽は周りのお友達が弾いたり歌ったりしていたっけな。

ブラックミュージックが基盤段だよね。

 

 

2001年から低迷期が続く

 

目まぐるしいくらい賞を獲得したり

マスコミから注目されていて

音楽家としてのピークを過ごしてからの

疲れなのかと思っていました・・

身体も疲れ切り、

神経衰弱の状態で緊急入院されました。

「信じたくなかった。

最近まで否定し続けてきたし、

誰かに暴かれるかもしれないという

恐れが常にあり、孤独だった

心理的負担があまりに重く、こ

れ以上、隠し続けるのは無理だった」

とお話されています。

 

重度の不眠症だと思い込んでいたが、

すでに双極性障害という心の病に

苦しんでいたんですね。

当時、マライアさんは

少しずつ演出が変わってきたようにも感じました。

そこには頑張らないと駄目だという

焦りがあったのかもしれないです。

マライアさんは

「自分のキャリアのために

必要なことをしていないという罪悪感さえあった」

と胸のうちを明かす。

この言葉のなかに、

とても真面目で完璧主義な部分を感じます。

大きな成功者になると

プレッシャーも大きくなるだろうとおもうけれど、

確かに世界的に注目されると

決して楽しいばかりではないと思います。

 

 

双極性障害2型とは?

 

二つの気分の間で波がある病気です。

ふたつの気分って?

簡単にいうと元気なときと、偉落ち込んでいるとき。

 

双極性障害には1型と2型があります。

1型は、エネルギーの高まる「躁状態」

と低下している「うつ状態」を

合わせ持つものです。

2型はマライアさんも苦しむタイプで、

「軽躁状態」と「うつ状態」の気分の波を

泳がされ辛い時間を過ごす病です。

専門的なことを書くと長くなりますが、

双極性障害は遺伝的なものが

原因であると言われているんです・・

しかしそれだけでなく、

外因的要因からも発症してしまう病気です。

 

 

まとめ

 

今はコントロールしながら

安定してきているというマライアさん。

Twitterでは可愛い娘さんたちと過ごす時間が

垣間見れますね。

いろいろな報道もされた過去があり

とても生きづらい時期を超えて、

ようやく地に足をつくような

生活にもどり良かったです。

ほんとうの事をお話してくださったことで、

マライアさんが

無理しないで自分らしく生きていけることを感じます。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です