リック・ジェネストさんの旅立ちの本当の原因

モデルとして活躍されていた
リック・ジェネストさんの死は
衝撃的でした。

8月7日で誕生日を迎えるというその直前

2018年8月1日、32歳という若さ

そして、ほんとうの意味でショックなのが

私自身が彼の姿をはじめて知ったから

そう私ははじめて彼を知り、

彼がゾンビボーイだとも知りました。

 

ゾンビボーイ=リックはひょうきんで優しい

 

生年月日:1985年8月1日(32歳没)

本名:リック・ジェネスト

出生地:カナダのケベック州シャトーゲー

15歳のときに脳腫瘍をいう過酷な病になる、

それから彼の価値観がはっきりしたとも言われる。

廃墟に住んでみたり、足のつま先から頭までを

骨や昆虫で埋めつくした。

これは芸術レベルだなと感じた。

 

 

性格は決して消極的ではなく

個性的でひょうきんだったといいます。

 

 

 

言われた死因・ガガとの関係

 

ほんとうの真相なんて到底わからない。

リック・ジェネストが有名になったのは

レディー・ガガさんの大ヒットした楽曲の

MVに出たことがきっかけだった。

そういえば特殊メイクの男性が居たな。と思う。

自ら旅立つのには十分なわけが

彼の身体に証拠として明かされている

そのようにも思ってしまった。

 

モントリオールの自宅で何があったのだろうか?

 

直前に何があったのか、誰と居たのか?

 

それが分かってきている。

リック・ジェネストさんには彼女が居た。

そして旅立つ食前まで彼の部屋で

共に過ごしていた。

彼女はモントリオールのモデル

名前をイマネアというらしい。

とても綺麗な女性です。

そして彼女と過ごす中、

一服しようとしてバルコニーへ出たら

転落したそうです。

 

人に気を使い過ぎて繊細な性格

 

このように書かれたり、

精神的な病で苦しんでいた

と書かれたりしています。

 

しかしながら一番身近の家族が

まず考えられないという声を出している。

仕事先の関係者も同様に漏らしていた。

病んでいるような面はなかったし。

周りを思いやるような人だったそうで・・・

仕事では予定も決めていた。

そして彼女の存在もあった。

事故ではないか・・・

私の勝手な憶測です。

 

深層心理

 

タトゥーを入れる人、数多く入れる人の心には

ある理由に突き動かされているかのような

記事を読みました。

なるほど、ともおもいます。

わたしはピアスを複数いれています。

ピアスの穴を2つから4に増やそうとしたとき

心の中は仕事上の悩み、不安がありました。

自分の弱さを吹き飛ばして

ピアスの数が明日からの自信になる、お守りだ、

とも真面目にとらえていました。

テンションを上げるために開けたから。

リック・ジェネストのあのタトゥーの数は

自傷行為だといわれる。

それ自体も真相はわからないんです。

ですが普通の心の状態ではなくて

なにか突き動かすものがあったから

リック・ジェネストはあの姿に変身した

そうおもいます。

わたしは、

彼の死因とはかけ離れていいますが

特別な存在として見て欲しい

そんな寂しさもあった気がしてなりません。

寂しさゆえお酒を飲んでいる姿が浮かぶのです。

 

まとめ

 

これはもはや私の勝手な憶測と思われますが、

寂しさは普通に人並みに抱えていたが

リック・ジェネストさんの

直接的な死因は精神的な病ではなく・・

好きな人と過ごし気がゆるくなり

バルコニーへ出た時に

偶然に起きてしまった事故

なのではないかな・・という見解もできます。

自死であっては欲しくないという思いが

とても強くあります。

 

 

リック・ジェネストさん

お悔やみ申し上げます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です