三遊亭子圓朝さんが49歳の若さで天国へ‐顔や経歴などは?

落語家の三遊亭小圓朝さんが49歳の若さで

お亡くなりになりました。

お父さまも落語家として活躍されていたそうですね。

 

 

三遊亭小圓朝プロフィール

 

さんゆうてい こえんちょう

本名:高橋 秀帆

たかはし ひでほ

生年月日:1969年6月16日(49歳)

出身地:東京都豊島区池袋本町

血液型:?

学歴:都立代々木高等学校 中退

 

★三遊亭円之助さん(三代目)が父

親子2代で落語の世界で活躍されていました。

 

上は小圓朝さんが2006年に川崎大師にて寄席をされた

ときの写真。

その時の記事より抜粋

「私は小円朝ってんですが、人からよく

『そのうち円朝になるの?』って聞かれるんです。

でも、落語の世界で円朝ってのは特別でして。

そのかわり家内が保育師してるんで、

いつかエンチョウ(園長)になるんじゃないかって、ね」

 

「大師寄席」は30年もの歴史を誇る地元の手作り寄席での取材の言葉だそうです。

 

抜粋つづく・・

京急川崎大師前駅を降りて「ごりやく通り」をほぼ7分。

川中島神明神社まで来ると境内に「大師寄席」の赤いノボリが見えました。

会場は社務所の広間。

木戸銭2000円を払って上がると青い字のチラシを1枚くれました。

「第135回大師寄席」。

そこには前座から「金原亭駒春」

二つ目「林家彦丸」

そして真打「三遊亭小円朝」の名前がありました。

 

その日は柳家小三治師匠を迎えて盛大にやったそうです。

その記念誌の記録欄の第1回(1976年2月28日)

になんと小円朝さんの実父、三遊亭円之助(三代目)さん

出演の記録があることを実行委員が教えてくれました。

小円朝さんは大師寄せ初出演ですが因縁の高座だったのです。

 

〔出典;www.ukima.info/koentyo/siryou/daisiyose.htm 〕

 

 

経歴が面白い

 

東京で生まれた高橋さんは高校を中退されてから

運送会社で働いていたそうです。

高収入でしたが多忙すぎて退職。

その後はベビー用品のレンタル会社で働く。

子供が好きだったので働きたての頃はやる気満々だった。。

ところが経営が火の車の会社だったそうで、

いろいろ問題が出てきて退社。

 

その後の落語家への人生投入だったんです。

 

 

亡くなった病が「肺炎」

 

いろいろ調べても小圓朝さんの家族や他の情報が

それほど多くないので病についても

ほんとうの部分は分らないのですが

12月17日に配信された「読売新聞」で死去を伝えられた。

 

まとめ

 

お悔やみ申し上げます。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です