上戸彩と斎藤工はソウルメイト, 上戸彩の号泣理由など

待ちに待った二人の再会。

映画『昼顔』胸がきゅんきゅん・・・

不倫経験あるわたし(苦笑)(´ω`*)

切ない時期からのドラマとのお付き合いですが

映画もさいこーに楽しみでした。

 

3年ぶりに会ってしまった2人。

不倫はなぜ止められないのでしょう・・

 

 

このロードショーが始まりTwitterでも

いろんな言葉が飛び交いますが、

不倫はいけない事ですが友人にやめなさい

とは言えないです。

いろんな家族の形があるのだと

ここ最近、、感じます。

日本が一夫一妻制でなかったら

違ったのかな?

それにしても2人が切なくて悲しいけれど

目が離せないです。

 

上戸彩と斎藤工はソウルメイト

 

 

 

上戸彩さんと熟愛説が流れる斎藤工さん。

実際に恋人でもお似合いだよねっ(´ω`*)

今現在、上戸彩さんは既婚者ですした・・・

ですが今回の映画化にあたり再び再会できて

とても仲が良いこともわかりました

「たくみくん」「あやちゃん」と呼び合う仲なんです!

そしてお互いをソウルメイトと言います。

魂のつながりを感じるんですね。。

EXILEのHIROさんは上戸彩さんの旦那さん、

心配ですね。

 

ソウルメイトとは

soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を

組み合わせた英語の造語で、

魂の伴侶のこと。

一般的には、共通の価値観や好みといった

深い親和性のある相手、

気性の合った人

ロマンチックな結びつきのある相手

運命の伴侶、特別な恋人、

相思相愛の相手、

互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人、

深い縁を持つ人などを意味する。

 

 

Twitter反応

 

う~ん。。

いろんな声がありますね・・

 

 

 

 

ラストまでしっかり鑑賞しましたが

切なさと同時に妙な満足感も残ります・・

不思議です。

録画してあるので何度でも観れます(笑)

ドラマのほうは少しドロドロ感がありました。

ですが映画での純愛ぶりはすごいです。

 

撮影初日で号泣した上戸彩

 

どうして号泣してしまったのか

後に上戸彩さんが語ってくれています。

この撮影はドラマから2年後だった

「2年、撮影期間があいていましたから、

自分が紗和に戻れるのかという不安が、当日までありました」

そりゃそうですよね。。

でも禁漁や不安はくつがえされたそうです。

「初めての(本番前の)段取りは、

北野先生の公演を見に行くシーン。

北野先生の声が聞こえた瞬間に、

2年前の自分の気持ちがフラッシュバックし、

涙が止まらなくなってしまいました」

とほんとうの涙の意味を教えてくれました。

「自分のなかに紗和は居続けていたし、

北野先生が生き続けていた実感があって、

その時から全ては始まりました」

わたしはこの涙の意味を知ってから映画をみました。

シナリオでもなくセリフ、演技、ぜんぶを超えて

ふたりの以心伝心という素敵なものを最初から最後まで

感じました。

記事を書いていたらまた観たくなりました!

 

 

まとめ

 

『昼顔』フジテレビ系は2014年の7月から

9月までの間に放送されたドラマでした。

それが映画化されてはじめて鑑賞したの

ですが、心が清々しくなるような不思議な

感じを受けました。

 

2人の純愛ぶりが不倫という枠を超えて

いましたので、

私には純愛なストーリーにしか思えません。

 

Twitterではさまざまな反応があります。

観る方によりそれは賛否両論だとも

おもいます。

 

いやぁ、上戸彩さんと斎藤工さんが

ほんとうに純愛している感が続き、

胸がきゅんきゅん止まりません。。

 

どうしたらよいのでしょう?

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です