吉澤ひとみ「精神安定剤を飲んでいた」旦那はご飯も食べれず真っ青

 

吉澤ひとみ容疑者に新証言。

これまで缶チューハイ3本いがいにも

他のお酒を飲んだといわれていた。

 

それ以外に薬を飲んでいたそうです。

 

 

 

 

夫の指示で警察へ通報していた

 

今月の6日に飲酒運転で衝撃的な事故を起こした

吉澤容疑者の110番通報にあたらしいことが分かった。

「自らの意志での通報ではなかった」

という事である。

あの瞬間の映像がドライブレコーダーから公開されて

筆者もショックを受けました・・

 

 

9月6日の事故のときはひき逃げした情報しか分らなかった。

翌日の朝に15分後に自分で110番通報して現場へ向かった

という情報が流れましたね。

そのときなぜかわたしはすぐにわかりました。

これは吉澤容疑者本人の意志ではない。

 

義理母の話だと、15分間の間に夫に連絡をし、

夫に「すぐに110番しなさい」という指示をもらって

そのように動いていたそうです。

9歳年上の吉澤ひとみ容疑者の夫は当たり前を

言い放っています。

・もし夫の存在がなかったら逃げている

このような恐怖を考えるとショックです。

わたしはドライブレコーダーの映像も衝撃でしたが

この事実も衝撃的にとらえています。

 

 

親族が話した「精神安定剤」服用

 

近隣住民は彼女の生活について気にかけていた。

吉澤家から出るゴミの中で多いのが、

缶チューハイ空き缶だったのだ。

怒鳴る声も聞いたことがあった。

この住民も子育てで悩んでいたのかな?

と思っていたと話されている。

 

このお話が真実かどうか裏付けるのが

この親族からの打ち明け話だ。

 

「彼女は日頃から精神安定剤を飲んでいたようです。

いつも飲んでいる安定剤がないと不安定になってしまう

からと、先日、夫が警察署に差し入れに行ったと

聞いています」

 

筆者は思っていました。

吉澤ひとみさんの主婦になってからのブログの写真、

あれ?こんなにお顔がむくんでいたんだ?

と思ったことがあります。

 

 

旦那さんがうつ状態か?

 

事件の日からしばらく、

ご飯を食べる事が出来ない。

夜もなかなか眠れないので顔を青くしていた。

母親が自殺未遂(吉澤ひとみからみて義理母)を

起こしているということや、

妻を案じる思いなど、精神面でのストレスが

大きいとうかがえます。

 

 

まとめ

 

義理母は嫁が育児などで悩んでいるのを

サポートできなかったことで自殺未遂をしたといわれます。

優しくてとても仲の良かった家族なのに、と

そんな風にもおもいます。

ただ、人の心の中や価値観はわからないです。

もしかしたら育児だけでない負担も抱えながら

毎晩缶チューハイを飲んでいた吉澤ひとみさん

だったのかもしれないです。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です