埼玉で起こった「本庄保険金事件」主犯男の顔とは?

 

2014年2月の大雪以来の見事な積雪。

朝からブルーな感じでしたぁ。

皆さんは無事に帰宅できたでしょうか?

一日ね、仕事をしながら

窓越しに寒空を眺めていました。

 

 

世の中には平気な顔して(嘘ついて)正義を語りながら

人を騙す人間がいますね。

そんなサイコパスな人間に

ゴミのように扱われた経験があります‥

 

 

人をゴミ扱いする人間がゴミ同様でしょ。

そうだね、なんか心が寒くなってきちゃう。

今日はどんな寒い記事かな(笑)

 

本庄で起きた保険金殺人事件とは?

 

今朝にTBS系ビビットにて

【来年は新元号】平成11年(1999年)はどんな年?

のコーナーで

気になる事件について放送されてました。

 

埼玉県本庄市のスナック経営者による

保険金殺人事件:本庄保険金殺人事件

 

主犯の男はどんな男で事件内容は?

 

「私もスナックの常連だったのですが・・」

語るのは当時を振り返る近所の男性である。

1999年では有名な 埼玉県の

本庄市で起こった保険金殺人事件だ。

 

主犯の男は八木茂

金融業とカラオケスナック・居酒屋の経営者。

こんな顔だ。

 

 

誰かに雰囲気が似てる!?とおもいました。

森友学園元理事の籠池泰典氏

雰囲気がです。

うん、どこか共通点のようなもの

にじみ出ておりますね。

 

 

事件現場や共犯者などは?

 

事件が起こった現場は

カラオケスナックと居酒屋だが場所は‥

本庄市北口を出て本庄東高等学校の方向へ歩いて行く

そこから吉沢病院へ向かって入っていく通りを歩き

本庄自動車学校側へ行った交差点の角だという。

 

(今は画像がネット上で出回るから

すぐに発覚しちゃうんだな)

 

自身の経営のスナックのホステスであった

武まゆみ という愛人、

森田考子、アナリエ・サトウ・カワムラの3人が共犯者。

 

八木は彼女らに常連客と偽造結婚をさせた。

それから保険金殺人を3度も実行させているのだ。

第三の事件の被害者が1999年の7月に”私も殺される”とマスコミへ

告発した。

そのことで保険金殺人疑惑として報道された。

前年に和歌山毒入りカレー事件が発生していたので、

この保険金事件には注目があつまった。

 

八木茂には妻と子供2人が居た。

八木茂の体には、入れ墨があった。

暴力団の関係者ではないかともいわれていたらしい。

保険金の疑惑がかかってから

逮捕されるまでマスコミに対して

 

俺の取材をしたいならお金払え

 

有料で自分のカラオケスナックに

報道陣を入れて取材をしていたのだ。

 

疑惑されてから逮捕までの8か月間このような

あり得ない現実が続いた。

有料記者会見が203回でものすごい収入を男(茂)は得ていた。

 

 

 

有料記者会見でいくら稼いだ?

 

なんと、およそ1500万円稼いだ!

らしいのです。

 

映像の中で八木茂はひたすらに、

当然の顔をして

自身の疑惑を真っ向から否定。

 

その横で取材する毎日新聞記者の

質問に激高し暴力をふるう有り様だった。

 

カラオケをして自分の歌を聞かせたり、

余裕の笑いを見せたり 不気味にみえたという。

 

共犯者の中の 武まゆみ という愛人が

3人の中で八木にコントロールされていたと思われる。

 

二人とも東京拘置所に収監されているが

まだ死刑が執行されていない。

 

事件から9年、

執行されていない理由は

八木が特別抗告(とくべつこうこく)

を使って死刑執行をさけているからだ。

 

●特別抗告とは‥Wikiより逸脱

特別抗告(とくべつこうこく)とは、

各訴訟法で不服を申し立てることが

できない決定・命令に対して、

その裁判に憲法解釈の誤り

その他憲法違反を理由とするときに、

特に、最高裁判所に判断を求める抗告をいう

(民事訴訟法336条、刑事訴訟法433条)。

最高裁判所が憲法適合性を決定する

権限を有する終審裁判所(憲法第81条)

であることから定められている。

なお、刑事においては

判例違反も特別抗告理由となりうる。

また、刑事訴訟法上の特別抗告については、

適法な抗告理由が認められない場合であっても、

法令違反・重大な事実誤認など

刑事訴訟法411条所定の事由が

認められる場合には

最高裁判所が職権で

原決定を取り消すことが

判例上認められている。

 

 

2008年に死刑が確定

 

最高裁判決にて死刑は確定している。

しかしながら現在も東京拘置所に収監されるも再審請求中であり、

執行されるのはいつになるのかわからない。

 

人の命が身勝手にあつかわれた事件。

毒物を食べ物や飲み物に混入させるこの事件を

見過ごすわけにはいきません。

亡くなられた被害者には家族や友人居たであろう。。

 

この記事はまた追って更新させていただきたいです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です