大口病院連続点滴中毒死事件(2016. 9)おぞましい犯人の顔

戦後最大の殺人犯 神奈川県横浜市の大口病院(旧)で起きた

あの連続点滴事件を覚えていますか?

 

あの看護師の顔が脳裏に焼き付いている人も多いのでは・・

事件発生時から逮捕までの間、病院勤務していた看護師。

 

 

 

久保木愛弓(くぼき あゆみ)当時31歳の元看護士である。

 

先日に『ザ!世界仰天ニュース』で刑事に恋し殺人罪で長年

服役し続けた元看護助手(西山美香)について放送していた。

この事件は今回書いている大口病院点滴事件とは全く異なる。

 

なぜか大口病院点滴殺人事件のこの女性(久保木愛弓容疑者)の

サイコパス性のある容姿と供述をおもいだし追っている。

なにか闇の部分があるのが素人の筆者でさえわかった。

 

 

 

久保木愛弓 事件概要

 

事件が起こった大口病院なんですが、この病院には

終末期医療や死期の迫った患者が多く受け入れられていた

病院だったそうです。

自宅で介護が難しい家族はすがる気持ちで親を入院させて

いたのだろうと想像ができますね(´-ω-`)

 

 

事件の流れ的なものをここに整理する ↓

 

①2016年9月18日に入院患者の不審な亡くなり、と同時に看護師が

たまたま点滴袋を落とした時に、泡が立った。調べたところ

ヂアミトール(消毒液)が検出された。

 

②亡くなった男性患者を検誌したところ体内から同じ成分が出た。

そして2日前に亡くなった患者からも同じ成分検出される‥

 

③警察は担当看護師全員の看護服を調べた。なんと!久保木愛弓の看護服のみ

ポケット付近に消毒液の成分であるヂアミトールが付着していた。

しかし決定的な証拠にはならないので捜査難航。

 

④久保木愛弓は事件後に病院を退職。

 

⑤病院に設置の防犯カメラに久保木愛弓の不審な動きが残っていた。

なお、不審死のあった日のシフトに久保木愛弓が入っていた。

 

久保木愛弓容疑者の退職3か月前から亡くなる患者が急増していた。

現場で働く看護師もこの異常に怪しさを感じていたそうだ。

 

しかしこれは後述したいですがこの大口病院(当時)、

職場環境にも問題があったそうですね。。

 

 

 

マスコミで見せていた顔

 

すでに警察からはあやしいと踏まれていたのだが逮捕されず。

マスコミにはどんな言葉を発していたのか思い出してみる。

 

 

たしか、こんな事を話していた。

 

(大口病院で事件が)発覚してからショックを受け続けている。

一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。

その理由が(自分が)変わり者で他人の飲み物を飲んじゃったり、

なんだかんだと言われたりしている。

そんなことはやっていないのに、

誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。

 

患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。

それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。

みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ。

 

☆この頃の筆者の勝手な考察☆

おそらく人生に疲れていて、なにか鬱憤晴らしのつもりで

いちばん罪のなく抵抗できない患者に目を付けた。

看護の仕事もはじめは誇りをもっていたが業務に苦労するだけで

自分の評価も良いものでなかった。それに付け加えて、この容疑者

の自己肯定感の低さとかコンプレックスが起因しているのではないか

と勝手に想像していた。

 

ほんとうのこの女の犯行動機が知りたい。

 

 

久保木愛弓の動機は?

 

2018年の6月末に久保木愛弓容疑者は逮捕された。

ようやく自供しはじめた。

 

その口から伝えられた言葉

 

「事件の2か月前から複数患者の点滴に消毒液を入れ始めた」

「20人以上殺した」

「ストレスがあった」

 

そして主な動機が「自分の勤務中に患者が亡くなると遺族への説明を

しなければならず苦痛だった」と述べていた。

 

 


 

ほんとうの動機は「復讐」

 

ここからも筆者の考察になってしまうが、復讐のようなもので

犯行に至ったのではと考えられる。

なぜなのか?どうして復讐しなければならないのか。

それは自分自身にコンプレックスが根底にあった。

もともと勤務先である病院(大口病院)では日頃から看護師の間で

イジメのような行為があったという。

患者を怒鳴る看護師もいたという証言も出ている。

 

 

 

これが一つ目の考察で、要は看護師内でイジメに遭っていると

自覚してしまい、負の感情に陥っていった。

 

二つ目の考察は、自分の生い立ちや家族関係が良好でなかったし、

学生時代も目立ってはいない、パッしない毎日を病院でも送っていた。

自分以外の看護師が困る姿を見たかった。

 

出典:ANNnews

 

久保木愛弓容疑者は判決待ちである。

送検された車の中で目頭をハンカチで拭う姿があった。

 

いつも思うのは、ほんそうの部分は最後まで解明できない

犯罪者の心理的なところはわからない。

 

 

被害にあわれた患者さんとその家族にあらためて

合掌。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です