女子ソフトボール部セクハラで生徒はPTSD,監督Fの顔写真アリ!

 

「私とは赤い糸でつながっている」

こんな言葉をかけるのは・・

女性部員にとんでもないセクハラ行為をした70代総監督。

セクハラの内容やこの人物 F に関することを追っていきます

(顔写真あり)

 

 

元部員の20代の女性の訴訟

 

 

東京都新宿区にキャンパスを構える

東京富士大学の女子ソフトボール部において、

70代の男性総監督が女子部員に対しセクハラ行為に及ぶ

不祥事があったことが発覚した。

 

爽やかなスポーツ競技だと思っていただけに

またこんな風に不祥事が報道されて残念・・!

70代監督が20代の部員の子に手を出すことが

信じられないです。

 

(/ω\)

 

被害にあった20代の元女子部員の子が

この70代総監督(現在、総監督)と東京富士大学側に対し、

1000万円の慰謝料を請求しているとの事です。

 

 

藤原徹総監督の顔写真・経歴など

 

監督の顔写真や情報はすぐに拡散しました。

 

 

東京富士大学女子ソフトボール部の(元監督)現在、総監督

の男の名前は 藤原徹 です。

 

過去のイベントでの集合写真から特定された顔写真では

ごく普通のどこにでもいる監督です。

 

しかしながら藤原徹総監督の功績は揺るぎなく

女子部員や、関係者、教授までも

物申すことができなかったのです。

 

・東京富士大学ソフトボール部を名門チームに

・試合に勝てるチームに成長

上記のような実績

 

・選手歴が7年

・コーチ歴が6年(高校5年,中国1年)

・監督歴が44年(高校21年,大学6年,実業団17年)

歴も積んでいますね。

 

カリスマ的存在だそうですが、権力があればセクハラ

パワハラをしていいのでしょうか?

( `ー´)ノ

 

 

総監督のセクハラ行為

 

女性の主張によると、2016年の春のことです。

合宿中に藤原徹総監督から監督室に呼び出され、

「ここに座りなさい」と藤原徹総監督の膝の上に

30分ほど無理やり座らせたそうです。

 

そのときに、身体を弄られるなどの執拗な行為もあり

「男女の関係を結ぶことは愛だ」と言われたのです。

 

さらに合宿以外で藤原徹総監督に抱きしめられたこともある。

 

他の女子部員にも抱きつく、キスをするなどの行為をしていた。

と驚きの声も出てきた。

当然のことながら彼女らも訴えたそうです。

 

それなのに東京富士大学側は訴えを無視するかのように

1度は藤原徹監督を解任しているのですが、

わずか1か月で総監督のポジションへと復帰させます。

 

 

あの事件がおぞましい

 

2018年1月、アメリカの体操協会の元チームドクターが訴訟される

セクハラ事件がありました。

未成年を含む7人に対して性的暴行を加えたとして

最長で175年の禁錮刑を言い渡されたこの事件。

とても心に残りました・・

20年もの間、治療を装いセクシャルハラスメントに及んでいたのです。

 

セクハラ被害に遭われたまだ若い女の子たちは

PTSDにかかり治療をして生きていくのです。

 

今回の富士大学ソフトボール部の元部員の彼女は

心的外傷ストレス、PTSDで苦しんでいます。

 

 

まとめ

 

藤原徹総監督の本人が認めて謝罪、

大学側もきちんと処罰して謝罪すること。

 

この二つを行っても過去は変わらないですが

せめてもの行いをし反省して欲しいです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です