小木博明さんのステージや症状は?腎細胞癌はどんな病?

 

お笑い芸人”おぎやはぎ”の小木博明さんが初期の癌であることが

わかりました。

 

 

 

 

腎細胞がんとは?

 

 

あまり聞いたことがない腎細胞がんですが、小木博明さんに見つかった

病が腎細胞がんの初期だそうです。

 

腎臓にできる癌でその中でも腎実質の細胞が癌化し、

悪性腫瘍になったものだと検索するとでてきました。

参考:

NHKお家で学ぼう

 

 

小木博明さんの癌は初期の初期だったそうです。

腎細胞がんは特徴的な症状はないというそうです。

なのでおそらくは、どこか別の部位を検査された

タイミングで見つかったのではないかなとも考えられますね。

 

初期ということは転移もないので幸いです。

ですが小木博明さんは48歳、まだ若いし

お仕事で多忙にされてきたので今は治療に専念して頂きたいですね。

 

 

 

ステージ1(腎細胞がん)

 

とても気になったので調べてみました。

がんが腎臓にとどまっている。

直径が7cm以下の場合がステージ1だというそうです・・

そして、原発腫瘍が4 cm以下ならT1a、4cmを超えて7cm以下ならT1bという

分類になるそうですが・・むずかしいです。

腫瘍の大きさや転移があるかないかでステージが変わるのですね。

 

 

ネットの声

 

 

 

 

 

 

 

今月の17日から治療に専念させるそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です