犯人顔出た!保育士同僚 ”松岡祐輔” 容疑者事件からその後どうなったのか‥

3月26日に東京都杉並区の下井草で起きた殺傷事件の犯人が

逮捕されました。

思い出すのも辛い事件です。。

 

事件が白昼夢に起きたことと女性の被害者が亡くなられた事が

ショックでした・・

犯人もすこし経過してから同僚の男だと判明!

そして動機などを調べているとのことでしたが今はどうなっているのか、

そのあたりが気になります。

 

3月26日に起きた”下井草”事件

 

ほんとうに怖くて悲しい事件です。

26日正午すぎ、

東京・杉並区下井草のアパートで「助けて」という女性の叫び声が聞こえたと、

110番通報があったのです。

女性はベランダから助けをもとめた。

それを聞いた男性が通報した。

 

すでに室内で亡くなられた

 

警察官が駆けつけたときには遅かった。。

アパートの2階の部屋で、先程に助けをもとめていた

女性が背中を刃物で刺されて倒れているのが見つかり、

搬送先の病院で死亡が確認された。

警視庁の調べで分かったのが

死亡したのはこの部屋に1人で暮らしをする

近くの乳児院で働く保育士の照井津久美さん(32)だと確認。

部屋には争ったような形跡があったほか、

凶器とみられる刃物が残されていたということです。

 

 

被害者女性”結婚の間際”だった

 

あと少ししたら結婚する予定だった若い子がこんなひどい事件に

巻き込まれたということで新たなショックに襲われました。

いつかの柴又での事件を思い出しました..

犯人早く捕まえて、許せない!の声が飛び交う連日。。

 

DND一致の”松岡佑輔”は同僚

 

この犯人がメディアで流れた時、背後がぞっとしました。

まさか同じ仕事をする同僚の男だったなんて・・

なぜ?男の動機が気になり、捜査も進んでいたはず。

 

松岡容疑者の動機

 

あの事件でこの男の逮捕後に動機は何だったのか?

について、

おそらく好意があったのではないか?と言われたが

今だはっきりはしていません。

そして男が犯行を認めていませんでした・・

 

男の生活が異常で”心神喪失”

 

わかっていることが男のアパートでは異常な生活が

見られている。

部屋のベランダまでに片付けられないゴミがあった。

部屋の内部は足の踏み場がない。

それだけなら時々、こういう人いるかもしれないが

この男は夜中に大声をだして怒ったりドタドタ

部屋を歩いていた。

 

あれから毎日が流れていく。。

その後どうなったのか?

 

まとめ

 

松岡祐輔という男の一方的な好意が憎悪に変わり

おこなわれた犯行ではないだろうか?といわれる事件ですが

その後、男は罪を認めたのだろうか?

 

同級生からは明るくて子供が好き、という印象もあった。

なぜ?

何があったのか真実を話して欲しいです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です