「警視庁元捜査一課長」田宮榮一さん 亡くなる

 

よくブラウン管でみかけるお顔が見られなくなるのは

さみしいです。

それこそ小学校の頃から見ていた気がする・・

 

田宮榮一さん旅立ち

 

このコメンテーターを見ない人はいなかったかもしれない。

それくらいに刑事事件の番組に数多く出演されてきました。

 

今月の16日に転移性の肺癌のためお亡くなりになられていた

田宮榮一さんは元警視庁捜査一課長でしたが退官後には、

日本の犯罪ニュースの番組で活躍されました。

お茶の間の時間帯によくこのお方を拝見させて頂き、

取り扱う刑事事件の難解番組でも

田宮榮一さんのおかげで

安心して家族で鑑賞できた、という思い出があります。

まさに思い出と共に田宮さんの存在があるんです。

このお方のプロファイリングが好きでした。

 
 

田宮榮一さん経歴

 

田宮榮一(たみやえいいち)

生年月日:1932年10月16日

台湾生まれ山形県育ち

中央大学法学部を卒業

 

★「警視庁刑事部捜査第一課長の経験者の中で

数少ない生え抜き刑事」といわれていた。

 

私は警察関係の役職、それこそ業務に関しては

全くの素人なので、

経歴を書くのが恐縮ですが

 

1952年より刑事事件関する職に徹する

警視庁巡査 成城警察長 刑事部捜査共助課長

同部鑑識課長 捜査第一課長 新宿警察署長

刑事部刑事総務課長 同部参事官

警視庁警察学校長 警ら部長

(省略)

トップとして世の社会のために活躍されていました。

退職後にヤマト運輸に入社されています

ここでもトップとして活動された。

 

顧客サービスに徹しています。

人を読む観察力、洞察力に長けているのだろうと感じます。

 

1999年に退社してから、

再び、刑事問題方面でのお仕事をされます。

理事として活躍もされていますね。

テレビではコメンテーターとしてメディアにたびたび登場。

 

 

印象に残る番組

 

世田谷一家殺人事件、オウム関連など、また90年代のさまざまな事件には

かならず田宮さんをブラウン管の向こう側で観させて頂きました。

 

解決しようとする使命感のようなもので動いていましたね。

 

 

お悔みを申し上げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です