眞子さま 結婚延期の背景に小室圭の母の品格問題

 


小室圭さんとご婚約されていた眞子さんショック!

 

結婚が決まっていた 秋篠宮家の長女 眞子さま(26)大学時代に同級生だった小室圭さん(26)

2人は国際基督教大学(ICU)時代に出会い恋人として交際に発展し、愛の誓いの約束を交わした。

会見でも2人は好印象だった。まさに太陽と月のカップル。

それだけに、結婚が再来年に延期という報道は衝撃だったのかもしれない。

 

2019年は天皇陛下の退位や、皇太子さまの即位に伴い、結婚式の準備ができないから延期という流れだ。

眞子さまの大人な文面に品格がにじみ出てため息が出てしまいました・・

忙しくて準備ができない、急ぎ過ぎていたのかもしれないという気づき(?)

それは、ほんとうに理由のひとつかもしれませんね。

余裕がなかったら良い結婚式も新婚生活も無理。

一生に1度の晴れ舞台だからこそ、たいせつに丁寧に決めていきたい。

女性としてわかるよ。

 

しかしながら・・

今、いろいろマスコミでささやかれている原因は少し前の小室圭さん母のスクープにあるだろうと思われています。

 

そして私の本音は・・眞子さまの「色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います」という言葉もひっかかります。

 

小室圭さんと母が歩んだ道

(写真は小室圭さん(26)と母 小室佳代さん)

すこし前からこんな風にネット上で写真などもスクープされている小室さんも可哀そうだとおもいます・・

(可哀そうだというのは失礼ですね・・ごめんなさい)

 

婚約を延期すると公表してから、なぜかマイナスばかりの事を書かれています。

 

小室圭さんのお母様、小室佳代さんは夫を亡くしてから一人で育ててきています。

母子生活をされて来たのに息子を立派に育て上げられて御立派だとおもいます。

ネット上では、小室圭さんの父の死因が自死だったとか、母の恋人への借金問題があるとか書かれていますね

しかし、みなさんに改めていいたい。

宮内庁の発表を受けて、眞子さまは私たち国民みんなへ「お気持ち」を出してくださった。その文面を覚えていますか?

ほんとうに素晴らしい文面でした。

 

 

引きこもる眞子さんの心境

 

「昨年12月に『週刊女性』が小室さんの母親の借金トラブルを報じて以降、眞子さまは宮廷の自分の部屋で閉じこもるようになる。

小室さんから母親の問題について”知らなかった”と眞子さまへ詳しく話してくれなかったことにかなりのショックを受けていたというのです。

これは書かれてある内容で真実は違うかもしれないです。

ほんとうのことかもしれません。

ですが軽々しくそれに便乗して いろいろ憶測を立てたりするのは恥ずかしいことだな、とおもいます。

 

眞子さまが引きこもるのだとしたら マスコミの目から避けることが要因であり、小室圭さんの家柄のことや母親の問題はそれほど大きいものではないのかと思うのです・・

 

いづれにしても真実は誰にも、他人にはわからないのです。

 

察することができるのは週刊誌に色々と書かれてしまったこと、

メディアでいろんな人たちの話題の対象になることが眞子さまや小室さんの心を苦しめてしまっています。

番組は数字にこだわってるのよ。。

ある芸能人なんかも心無いことをリークさせようと発言を辛口にしていますしね。

それを見ていると私なんかはすぐわかります、数字だなって。

 

話はもとに戻しますが、

静かに普通にこれまで通り見守ってあげましょう。

 

すべての事を問題にしてしまうのはマスコミによる報道なのだから・・・・

(結局マスコミは、増すゴミだな)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です