矢島祥子医師の事件の真相や犯人は?西成、あいりん地区の不気味さ

 

2009年に大阪で起こった女性医師の不思議な事件を

皆さんはどう思いますか?

FBIで大掛かりに番組捜査されたこの事件がどんな真実を

含んでいるのか?犯人は誰なのか?

あいりん地区って?

 

 

大阪西宮女医不審死事件

 

この事件はある病院勤務の34歳の女性の悲しいものである。

・2007年4月1日から大阪府大阪市西成区鶴見橋の診療所で

内科医として勤務していた矢島祥子さん

・内科医の仕事だけではなくてこの街に貢献していた

日雇い労働者が多いこの街でパトロールをしたり、

労働者に対して支援活動もしていた

●遺体が発見された場所は「千本松渡船場」である

2009年の11月16日の寒空の下にある川でのぞまない姿で

当時そこで釣りをしていた人により発見されました。

その後の流れはこのような状況でした。

●大阪府警察本部は検視結果やある手紙を根拠に

女性を「過労による自殺」だと判断した

●彼女の両親は真実解明に動きはじめる

2010年9月14日に再捜査要求をした

矢島祥子さんのご両親は現役で医師をされていますが

娘の遺体と対面時に身体に遺された跡を見て

事件だとピンときたのです。

●2012年8月に遺族が提出された「殺人・死体遺棄事件」

としての刑事告訴が受理され再捜査が行われる

現在もまだ犯人は捕まっていませんが何か不思議な組織?

が関係しているのではないかという予感もおもわせます。

警察もあまり動いていないようですね・・

(;´・ω・)

後に書きますが再捜査でわかった部分があり到底、

自殺だとは思えません。

 

 

西成・あいりん地区

 

事件が起こった西成は日雇い労働者が多数いる町だそうです。

大阪のスラム街といわれている。

この町で医師として仕事をしながら福祉的ボランティアも

おこなっていた祥子さんは、

あいりん地区の貧困ビジネスに触れたことで事件の被害者に

なったのではないか?といわれています。

この事件を追っていくと西宮区=あいりん地区の

奥深い闇の部分が横行していることにぶちあたる。。

生活保護者が多く在住している地域、日雇い労働者のタウンが

この西宮区の現状だったのだ。

なんと西宮区だけで生活保護費が年間で600億円だそう。

医療費はただで受けられるこの町の診療所では

過去に生活保護者を受診したかにみせたかける事件

診療報酬詐欺も起こっています。

そのときは3000万円以上を国から騙していたんです・・

関係者は逮捕されています。

しかしその後にこれらの問題を解決しようと働きかけた

(悪事にたいして告発しようとしていた)

そのことで闇の組織から狙われたのではないか?

といわれています。

 

 

事件不審な点と女性交際相手とは?

 

再捜査によって不審な部分が出てきているのです・・

事件の被害者である祥子さんの体が答えを握っていたようです。

●負傷箇所

首の圧迫痕と頭頂部の瘤、右顔面と右手

●亡くなられた後の状況

祥子さんの自宅のカギが開いていた

郵便ポストが破壊されていた

部屋の中に埃がなく指紋も検出されていない

不思議なのはテレビの裏、本棚の天板、ドア敷居の上、書籍等の埃が

綺麗に拭きとられてあったこと

( ゚Д゚)

 

2009年11月13日22時に祥子さんは最後の勤務

2009年11月14日4時15分強い雨の明け方だった

祥子さんは警備システムをカードで作動させて

診療所を退所している

しかしいつも自転車通勤の祥子さんの姿は

診療所のある商店街のアーケードにはまったく

映されていない!

2009年11月14日祥子さんが診療所を出た後で

警備システムが作動している!

警備会社の者が到着したときに診療所にはだれもおらず、

祥子さんが知人にメールを送っていた

その日に別の63歳男性知人へ絵ハガキを投函していた

その男性は彼女の死後で自分は彼女の元交際相手だといっている

 

まとめ

 

彼女のお部屋に埃ひとつなかったことや、

友人への絵葉書などから最初は自ら選んだ死ではないか

そのように思いました。

ですがなにか闇の怖い部分が見え隠れするのです・・

今回番組でこの事件の闇を知りましたが

ご両親は娘が自らのぞんでいない死だったとつよく

働きかけ続けています。

一日も早く真実が解明されることを祈ります。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です