矢追正幸(55)容疑者の経営する婦人科の場所や妻や子供は?

23日に足立区で婦人科を経営する矢追正幸容疑者が

強制性交等容疑において逮捕された事件をご存知でしょうか・・

 

 

 

矢追正幸の逮捕動画

 

 

この報道を仕事終わりの電車で知ったのですが、

一体どんな顔をした医師なのか?

印象はすこし清潔感の薄いような感じのものでした。

 

 

 

矢追正幸容疑者が犯した内容

 

 

女性で生まれた筆者も婦人科には幾度か

通ったりするので今回の事件にはぞくっとします。

 

この矢追正幸容疑者は年55歳にして医師という立場で

自身の産婦人科に受診した妊婦に対して

診察後に”マッサージをしますよ”と言って個室に通した

そうなんです、そして性的な暴行をしたのだ。

 

 

その内容はほんとうにあり得ない行為です。

妊婦さんは矢追正幸容疑者を信用していたからこそ

とても傷つき恐怖心でいっぱいだったと想像します・・

個室に通されてから矢追から

”目をつむりなさい”と言われた妊婦さんは矢追によって

胸や下半身を触られたのだ。

取り調べの中で矢追容疑者は”性欲が抑えられなかった”

という趣旨の供述をしている。

 

 

 

「矢追医院」場所は?

 

矢追医院はいったいどこにあるのだろうか?

 

出典:病院なび

東京都足立区江北2丁目33-6

03-3890-3387

 

にあるということがわかっています。

矢追正幸容疑者は医学博士の資格を持ち女性が活き活きできる

ような医療面でのサポートがしたいという志をもっていたよう

です(そのようにHPなどでも記載されていました)

 

この矢追医院では・・

月経困難症・月経前症候群(PMS)・月経前緊張症・

子宮筋腫,・貧血・更年期障害・卵巣嚢腫・卵巣炎,・外陰炎・

カンジダ膣炎・ 乳腺炎・ 子宮がん

 

など専門的なことをされていたのですが、

さらに

不妊治療(不妊外来/不妊相談)や更年期障害・女性専用外来

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)などの診療も行われていた

ということなので、通う患者さんは先生を信じていたのではない

でしょうか・・

(;_:)( `ー´)ノ

 

 

 

矢追正幸容疑者の経歴

 

 

名前:矢追正幸(やおいまさゆき)

年齢:55歳(2020年1月の逮捕時)

職業:医師。産婦人科医。矢追医院院長

出身地:東京都足立区

住所:東京都足立区江北2-33-6

学歴:獨協医科大学卒

子供2人と妻が居た!

 

これはFacebookやTwitter(過去のもの2011年あたり投稿)

で本人が書き込んでいたので事実だとおもいます。

子供たちの夏休みに更新されたものが存在しています。

 

出典:Facebook

 

これが2011年のものなので現在はどのような

環境であったかはわからないのですが、

この事件を知った子供たちが可哀そうです‥

 

 

 

ネットでの声

 

 

 

この状況ですと、この医師は余罪がもっともっと有る

もっともっとと思慮しますね。

厳重に取り調べ重罪にする事を望みます。

 

 

そもそも、

それ目的で産婦人科医になったのではないかと思う。

他にも余罪があると思う。

 

 

逮捕容疑が強制性交だから触診

とかの言い訳は通用しない

出来心でする様な犯罪じゃないしかなり悪質で余罪も多そう・・

 

 

どういう目的で産婦人科医になったんだろう。

最初は志高かったのか…?最初から変態だったのか…。

被害者のかたは本当に可哀想…

無事元気な赤ちゃんを産んで幸せになれたらいいですが…

 

 

こういうのがあると

余計に女性医師を指名する人が増えそうですね。

本当に気持ちが悪い。

大人の女性でも怖く思うのに

10代とかの女の子はとくに婦人科検診とか

行きにくくなると思う。

 

 

今回の事件に関して被害に遭われた妊婦さんの体が

とても心配になります。

このようなことが起こると男性医師のいない婦人科を

探していく患者さんも増えていくことも考えられるだろうし

ただでさえ婦人科に抵抗がある患者さんが居るなかで

診察してほしくても先延ばししてしまったり、病院へ

足を運ぶのをやめてしまうこともあると想像できます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です