脇坂英理子が稼いでいる動画配信サイト月70万円、事件背景は親の融資や甘やかしも

 
 
昨夜、『直撃!シンソウ坂上』観ましたか?

この人、どうかと思ったよ・・

 


 
ここで少し事件を整理します。
 

 
 

 

脇坂が行った不正請求

 

まず先に明確にしたいのが

脇坂さんは騙されたと言いましたが

同罪だいうこと。

 

★脇坂被告は実際には行っていない治療を

施したように装い

診療報酬約155万円をだまし取った詐欺の罪に

問われている

★判決では懲役3年・執行猶予4年

被告人 脇坂は医師の知識を生かして

本件において中心的な役割を果たし

刑事責任は相当に重い

 

診療報酬詐欺で有罪を受けている

元女医の脇坂英理子の行為

★1度 受診した患者のカルテをコピーし

診療報酬を水増ししていた

★違法だと気づいていながら

1年7か月の期間、不正請求し続ける

 

そもそもの経緯

(脇坂さんの言い訳もある)

①お客さん来ないから相談

②経営コンサルの男性と知り合う

③脇坂は実務だけやりコンサルタントに
営業その他任せる

④コンサルタント男性が
女性事務員を雇う「経理は全てお任せください」

⑤コンサル男が「患者さんを僕が
連れてくる」と言う

⑥どこも悪いところがない患者さまが
続いて来院される

⑦事務の女が診療報酬を持参

⑧判を押そうと書類を見て
はじめて犯罪だと気づく脇坂

 

お金のために不正だと知ってからも方針そのままで

経営優先で続ける。

 

 

 

 

ご両親が甘かったのではないか?

 

父が会社役員、母が専業主婦

番組では「わりと甘やかせて育ちました」

と話し出す脇坂英理子。

別荘が複数あるお金持ちの実家だった。

・お小遣いはカード払い、支払いが

(過保護で育った彼女・・親は親のようで

大人の育て方をしていない)

・ある一人の男性と出会い子供を授かる

親がその男性との交際を認めない

子供はあきらめ、親を選ぶ

親への反発が芽生えたという

 

26歳で見た目も職業も親に文句いわせない

男性と出会い結婚するが4年で離婚する。

 

その後出会っのが疑似恋愛できる

ホストクラブだった。

 

 

現在は動画配信やライターで生きている

 

2016年7月に出所した脇坂英理子。

出たばかりの頃は世間や自分に絶望し

死の選択も考えたという。

 

現在どのように生活しているのか?

医師免許は剝奪されたが

医師の肩書はあるので、医療系の記事を書いて

収入を得ていました。

1文字20円の医療記事がこちら

https://www.kazokunohi23.jp/kirei-labo/

一万字を書いたらいくらでしょう?

普通の会社員と同じくらいの収入ですね。

 

でもこれだけでは足りないと思います。

動画配信サイトで月に70万ほど稼いでいました。

100万円まで手が届くときもあると話しています。

 

ほぉ。。。

 

 

まとめ

 

すこしでも脇坂英理子さんの心に

なにか芽生える機会になったならば

よいとおもいました。

お母さんとの確執が強いような印象を

感じるのですが皆さんはいかがですか?

安藤和津さんが彼女を叱った時

すこし脇坂さんが泣きたそうな顔

していましたね。

 

 

 

わたしが親なら一度は見捨てる!

わたしなら、そんな恰好させないよ。

わたしなら泣く。

そのように言い放つ安藤和津さんを見て、

この人が母だったら違っていたのかな

とも考えられて、切なくなりました。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です