野津英滉(ひであき)の生い立ち 母に男の存在 ボーガン事件

 

6月4日の午前に家族の間で起こった「ボーガン殺傷事件」

起きた場所は兵庫県宝塚市の南西部。

犯行にあたった容疑者はその家に住む野津英滉(23歳)

のどかな地域で起きたボーガン事件、犯人の動機はいったい・・

すべて真相というのは本人や家族にしか分からないけれど

それなりに情報を追ってみたいとおもいます。

 

 

事件が起きた現場

 

兵庫県宝塚市といえばいくつもの見どころ観光地がある

華やかであり緑もあるところだと、行ったことのない筆者は

勝手に想像しています。

 

今回23歳の男性が起こした事件が起きたのは宝塚市の武庫川

(むこがわ)沿いにある静かな住宅街だったといいます。

 

こちらTwitterでの武庫川を載せさせていただきましたが

こちらの自宅で起こってしまったのです。。

出典:ヤフーニュース

 

 

 

事件発覚時の状況

 

弱々しい声で近所へ助けを求めたのが野津英滉の叔母だった

(49歳)。6月4日午前10時にボーガンが首に刺さった状態で

「甥に撃たれました。入れてください・・・」

その矢は右側から横向きに貫いていて左耳の下に矢が突き出ている

そんな状態で命からがら救いを求めたのです。

自宅(事件現場)では3名がすでに息を引き取っていた。

祖母の好美さん(75歳)と英滉の母親・マユミさん(47歳)と

一つ下の弟の英志(22歳)は頭部をボーガンの矢で射貫かれていた。

 

英滉は現場のあったところで茫然と立ったまま抵抗もせず

駆けつけた警察官に連行された。

 

叔母は甥の英滉から電話で呼び出されて来ていたそうだ。

わざわざ呼び出して家族全員に矢を射貫くことを考えていたようです。

英滉の母マユミさんも呼び出されている。この母親は息子2人と離れて

別の賃貸アパートで生活していた。

複雑な家族の在り方が垣間見える・・

 

 

根深い母子の確執

 

英滉容疑者は96年の12月に生を享けた。

そして弟であった英志さんが翌年誕生。

英滉が幼いときから父親らしき人の存在はなかったが

それなりに息子2人を一人前にしようと空手を習わせたり

母としての役割をこなしていたのではないか。

母子3人で祖母の好美さん宅からすこし離れた団地に

住んでいた。

マユミさんは小柄で美しい女性、いわゆる美魔女だったという

知る人からの話だそうで、ピンク色の服、スカートを履いていた。

 

英滉、英志が祖母の家に移り住んだきっかけが母マユミと喧嘩し

不和が生じたからではないかとみられる。

兄と弟は性格が違うようで不仲だったといわれている。

祖母と、3人暮らしになり5年だったそう。

空手を一度は辞めた英志さんが再び始めていたのだが

その空手の練習の終了時間が遅くなるのを心配されたときに

「おかんは男んとこいおるから、急いで帰らんでいい」

と吐き捨てるように答えたそうだ。

 

と.このあたりまでの情報だけではありますが、

なんとなく複雑な部分がみえてきます。

週刊誌などには今回、事件を起こした英滉容疑者の

性質の部分にも触れていて、たしかに性格的な要素も

なんらかの関係があったのかもしれませんが複雑な要素が

からまってしまった気がします。

 

英滉(23歳)の苦悩

 

母親に男の影があって、不仲の弟と2人で祖母の家に

お世話にならなければならなかった。

23歳、まだ成人したとはいえー学生から社会人への

通過するようなタイミング,完全に大人になりきれていない

不安定な年齢におもえる。きっと皆そんな時期だとも思える。

そんな時期に踏ん張って乗り切る子もたくさん存在するかもしれない。

けれども、自分の感情を出さないでいた兄(英滉)は爆発した。

 

ここで筆者も長女であり年子の妹がいる。

筆者はあまり思う事を出さないで育ってきた、乗り越えた。

妹は器用で友人も多く、そしてのびのびと生きてきた。

 

少し重ねてしまったが英滉さんの心には鬱憤が蓄積されて

暗い影を落としていったのかもしれない。

 

弟の英志さんは表現しないタイプの兄を嫌いだと

まわりに話していた。

野心も強く就職先も決まっていたそうです。

 

兄である(今回の容疑者)英滉さんは学費が納付できない事で

除籍されていた。

友人らとも連絡がつかなくなっていた事から、日々を自分の

責任で生きる事をあきらめ投げやりになっている気がする。

 

母への強い怒りが奥底にあった気がする。

ここの書いた筆者の考察は正解とはいえないけれども、

家族の中で問題があると思われている自分に気づいていた点

もともとの複雑な家庭環境と自身の複雑な性格

救いの方向がなかなか見いだせなかったのだろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です