間瀬翔太さんの妹が美人すぎると話題!爆報フライデー

 

先日に爆報フライデーに間瀬翔太さんが出演されました。

間瀬翔太さんは数々のドラマや映画に出演されたり、歌手としても

そして、ジュノンスーパーボーイにも出場されている

イケメン俳優として活躍されてきました。

 

 

12月13日にあらためて間瀬翔太さんの闘病を知った方もいて、

ネットでも彼の活動を応援する声が増えています。

番組の中では、これまで知らなかった間瀬翔太さんの

姿、心の声なども知ることができました。

そこで、今日はまた改めて筆者の応援する間瀬翔太さんの

 

・爆報フライデーでの間瀬翔太さん

・美人な妹の存在(!?)

・病「脳動静脈奇形」の事と署名活動

・応援する声の数々

 

などをまとめてみたいと思います。(^^)

 

 

爆報!フライデー間瀬翔太さん

 

その都内の公園で一人ベンチに座られていて、

マスクをし顔を覆われている男性こそが、

俳優  間瀬 翔太(ませ しょうた)さん。

間瀬翔太さんは、今年の夏に10万人に1人の難病に罹り

闘病されています。

 

 

間瀬翔太さんは2014年の17歳のときにアイドルグループ

BLIZZARDを結成されます。

その端整な顔立ちを生かして歌手や俳優活動をされます。

 

2019年1月に大きなチャンスがやってきます。

それは、世界的映画監督である園子温さんからの

自らの作品への出演依頼だった。

 

次から仕事が舞い込み33歳にしてようやく、

俳優としての大きな転機がやってきたのです。

 

〔体の異変〕

しかしながらそのオファー後に間瀬翔太さんの体に

異変があらわれます。

風邪のような頭痛が続きます。

間瀬翔太さんは病院で処方された薬を1か月飲みますが

治まりません。

 

〔倒れて入院〕

2019年7月20日の事でした。

間瀬翔太さんはその日は新曲に向けてのレコーディング

をされていたのです。

突然、後頭部が壁にぶつかるような衝撃をうけます。

しかし間瀬翔太さんは壁から離れたところにいたのです‥

そして次の瞬間にはこれまで感じたことのない頭痛におそわれ、

その場に倒れこんでしまいました。

その場に一緒に仕事をしているメンバーの名前が

出てこない、これは普通でないと感じとったそうです。

 

〔判明した病名〕

すぐに搬送された間瀬翔太さんは自身の体に起こった

原因である病を医者から告げられました。

判明した病は‥「脳動静脈奇形」。

この病は10万人に1人の先天性の難病。

 

間瀬翔太さんの仕事はすべてをキャンセルに余儀なく

されます。そして入院し開頭手術をするという方向に

運命が動き出します‥

手術の前の映像をみたときに、これまでの間瀬翔太さん

からは見たことのない、それは、ほんとうは

すごく苦しくて辛かった姿に筆者は言葉をうしないました。

 

このときの事を間瀬翔太さんは、

「ひたすらパニックで自分の感情が操れないんです」

と振り返っています。

この手術には大きなリスクが存在しました。

「言語障害」「半身不随」「命の危険」もある

と告知されていたら、想像できないくらいの恐怖だった

だろうと・・・。

 

手術は7時間にも及びました。

間瀬翔太さんは大きな手術を乗り越えます。

 

その後‥48時間たったあとに間瀬翔太さんは、

自分の姿を対面します‥

大きくはれ上がった顔をみたとき

「もう終わったな。やっぱり神様は僕のことを大嫌い

なんだな‥体は動けるようになったけれど

俳優としての僕を殺したかったんだな」

とおもって絶望的にもなったのです。

 

間瀬翔太さんはたちあがった!

 

 

 

間瀬翔太さんがどれだけ人徳があったか、友人が多いかが

わかるのが手術後に俳優さんふくめ友人、家族らがお見舞いに

来ていることからわかります。

 

現在はご実家で生活をしながら懸命なリハビリをされています。

間瀬翔太さんは今だに、めまい、再出血の不安と

たたかっています。

 

「怖くない日はない」

その間瀬さんからの声はとても強くひびきます。

それなのに今、間瀬さんはこの難病という経験をとおして

前向きな活動をされているのです。

※病のこと・間瀬さんの署名活動などは後述しますね。

 

俳優、宇梶剛士さん(57歳)が間瀬翔太さんに

会いに行くシーンでラストを魅せてくれます。

 

画像、私の部屋で番組スクショしたものでうまく撮れず

ごめんなさい。

 

宇梶さんの登場。

ここで初めて知ることが2つありました。

・宇梶剛士さんは昔、元暴走族総長だった事

・間瀬翔太さんも16歳のとき暴走族だった事

宇梶剛士さんは間瀬翔太さんにとってそれはそれは

憧れの俳優さんなのだとか。

もう登場されるシーンでは感動と驚きの間瀬翔太さん。

筆者までも飛び上がる嬉しい気持ちが伝染しました。

(*´ω`*)

 

宇梶剛士さんは間瀬翔太さんが抱えている悩みに対して

相槌を打ちながらも受け止めていました。

 

間瀬翔太さんへ

「きみは 誰よりも、寂しさ悲しさ、悔しさを知っている

もっているきみは、すべての苦しさを演じる事が出来る」

「いろんな役ができると思う」

というメッセージを伝えました。

 

 

 

妹「ともみさん」が美人過ぎる

 

間瀬翔太さんにとてもお綺麗な妹さんがいたのも

はじめて知りました。

兄が入院されたとき妹さんも病院へおとづれていたそうです。

 

女優さん向けの美人だと思いませんか?(*’ω’*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

妹さんの名前は智水(ともみ)さんといいます。

 

間瀬翔太さんの自慢の妹だということもわかりました。

過去のTwitterでは美人の智水さんのことを投稿してます♪

 

 

こんなに綺麗で可愛い妹がいたら、とても大切にするし、

妹さんからみてお兄さんも(とても優しくてカッコいい)同じく

かけがえなく思い合っているのが想像できちゃいます。

 

 

脳動静脈奇形と署名活動

 

間瀬翔太さんがおこなわれた脳動静脈奇形の

手術は先にも書きましたが、とても時間も長く

大変なものでした。

左側頭部を開き脳の奥深くにある血管の奇形部分を取り除いたのです。

 

脳動静脈奇形という病は先天性のものです、

なので不摂生をしたとか生活習慣病とはまったく異なります。

 

発生率は20代から40代が高く血管の塊が脳を圧迫する

ことにより頭痛が引き起こされます。

この血管の塊は脳の中で動脈と静脈が血管奇形により

直接つながってしまうことでできてしまう。

とても複雑にからみあう血管は正常なものに比べて

破れやすく、脳出血やくも膜下出血を引き起こす可能性が高い

のです。

 

間瀬翔太さんは入院中からこの難病についての

理解を深めるべく、そして国からの難病指定になることを

願って自身が署名活動をされています。

筆者も賛同させていただきました。

 

 

 

 

 

ネットでの応援の声多々

 

 

 

 

 

 

ほんとうに多くの人が勇気づけられました。

間瀬翔太さんの望みは、脳動静脈奇形という病が国からの

難病指定になる日が近い未来、おとづれること。

 

その一歩一歩、ひとつずつを丁寧に発信し続けている

間瀬翔太さんの今後を見守りながら応援します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です